鍋島献上の儀

鍋島献上の儀とは?

伊万里市の大川内山は、 延宝3年(1675年)から廃藩置県(1871年)まで鍋島藩御用窯が置かれ、将軍家や諸大名、朝廷等への献上品として、日本磁器の最高峰と称される「鍋島」を生産し、三百有余年の歴史と伝統を受け継いでいます。 産地においては、 先人たちの偉業と歴史に感謝しつつ、 技術の粋を結集 一した鍋島の伝統と文化を体験し、 新しい伝統文化を育んでいくため、 平成元年から鍋島藩窯秋まつりの一環で、九州各県知事や県内の市長、 全国の名城所在の首長等に鍋島の献上(鍋島献上の儀)を行っています。

献上品はロクロ、絵付け、 登り窯での焼成(36時間)など、 それぞれの窯元が得意の工程を分担し、 丹精込め、 すべて手作りで仕上げた作品です。 商品として価値はつけられませんが、今なお藩窯の伝統と技術を受け継ぐ窯元の技術の粋と情熱を結集し、作り上げます。

献上品作成までの流れ

鍋島献上の儀

整形(ロクロ)

ロクロの伝統工芸士が形作りを行います

下絵付け

窯入れは、各窯元で制作した物を持ち寄り登り窯へ搬入します

焼き物の種類により、どの窯にどれを入れるかは窯の焼け具合を考えて配置します

一の窯の真ん中奥が良いものが今までの経験値で分かっているので、献上品はその位置に配置します

登り窯はその時々で気温や湿度が違うので、実際は焼いてみないと分からないところもあり

何回やっても難しいところがあり、緊張の中ですすみます

窯入れ

下絵を伝統の技術で絵付けします

線入れは細い筆で細かなところまで丁寧に書き込みを行います

その後で、濃筆で絵の中身を色つけします、濃の入れ方で濃淡を表現するために重ね塗りを施します

職人の技を要する繊細な技術が伊万里大川内鍋島焼を支えています

火起こし式(愛宕神社で種火を起こす)

大川内山の中腹にある愛宕神社(火の神様)で火打ち石を使い、種火を起こして登り窯まで松明を担いで持ち帰り、神事の後に火入れを行います

愛宕神社は歩いて15分ほどかかる険しい山道でになり、火を絶やさぬように大事に種火を持ち帰ります

神事、火入れ式

伊万里神社の宮司が祝詞をあげ関係者の参拝の後、火入れ式が執り行われます

火入れから丸2日間に渡り昼夜通して登り窯を焚き続けます

窯焚き

メインの窯で約20時間かけて窯の温度を600度ぐらいまで上げて行きます

一の窯の温度を確認しながらジワジワと温度を上げて行かないといけないので、長老達の経験と感で管理しながら薪を入れるタイミングを計り進めていきます

薪は赤松を使用することで燃焼力をつけます

一の窯 窯焚き

一の窯が一番良い焼き物が焼けるので、メインになる献上品をここで焼きます

窯の中でも、今までの経験からどの位置においた方が良いかを長老達は経験値から分かっているので指示に従い配置していきます

上り窯は薪で炊き上げるので、商品に灰などがかからない様にボシと呼ばれる、焼き物を保護する容器に入れて焼きます

二の窯 窯焚き

三の釜以降は各窯元が持ち寄った作品を焼きます

大川内焼の特徴である青磁や染付などを各窯元が持ち寄った商品が焼かれます

三の窯 窯焚き

三の釜以降は各窯元が持ち寄った作品を焼きます

大川内焼の特徴である青磁や染付などを各窯元が持ち寄った商品が焼かれます

三の窯が焚き終わるのは翌日の深夜になります

窯出し(一週間後)

窯出しは火を止めてから一週間時間をかけて冷やしていきます

急激に冷やすと焼き物が割れたりヒビが入ってしますので、時間をかけて冷やしていきます

窯出しが一番緊張する瞬間で、登り窯は視線相手の焼き方になるので、温度や湿度に左右され同じ焼が常にできるとは限りません

関係者全員緊張の中、閉じていた窯のレンガを外していきます

粘土と炎の芸術品は商人達の弛まぬ努力で引き継がれていきます

1

ロクロ

鍋島献上の儀
ロクロの伝統工芸士が形作りを行います

下絵付

鍋島献上の儀
下絵を伝統の技術で絵付けします

2

神事

鍋島献上の儀

火起こし

鍋島献上の儀

火入れ

鍋島献上の儀

窯入れには古式にのっとり神事を行い、火起こしによって採火し種火を登り窯へ入れます。 登り窯では交代で2日間、約36時間かけて焼成いたします。 大川内山の窯元が交代で窯番をします。 1300°C以上温度を上げます。

3

窯焚き

鍋島献上の儀
鍋島献上の儀

窯上げ

鍋島献上の儀
鍋島献上の儀
窯上げ後、赤絵を描いて焼成し、もう一度窯に入れます

4

上絵付

鍋島献上の儀
赤絵を入れ、焼成すれば完成です
鍋島献上の儀
ロクロ制作から完成まで約4か月かけて作成します

献上式これまでのあゆみ

献上年月日県・市名知事・市長御氏名献上瓶子名
平成元年10.30佐賀県香月熊雄 知事松竹梅紋瓶子
〃元年10.30伊万里市竹内通教 市長色絵鍋島紋瓶子
〃2年11.1福岡県奥田八二 知事色絵萩絵紋七寸高台皿
〃2年11.1武雄市石井義彦 市長色絵鍋島紋七寸高台皿
〃3年10.28熊本県福島譲二 知事色絵牡丹紋七寸高台皿
〃3年10.28唐津市野副豊 市長松竹梅紋瓶子
〃4年10.27長崎県高田勇 知事鍋島紋様瓶子
〃4年10.27在福岡アメリカ領事館鳳凰紋瓶子
〃4年10.26佐賀市西村正俊 市長錆釉青磁芦絵皿
〃5年10.25大分県平松守彦 知事色鍋島紋様瓶子
〃5年10.29鹿島市桑原允彦 市長色絵松竹梅紋瓶子
〃6年10.26佐賀県井本 勇 知事色絵松竹梅紋瓶子
〃6年10.28多久市百崎素弘 市長高台皿色絵藤袴
〃7年10.27宮崎県松形祐尭 知事色絵鳳凰紋瓶子
〃7年10.25鳥栖市山下英雄 市長色絵松竹梅紋瓶子
〃7年10.26伊万里市川本 明 市長色絵橘紋瓶子
〃8年10.30鹿児島県須賀竜郎 知事松竹梅紋瓶子
〃9年9.25沖縄県大田昌秀 知事梅紋瓶子
〃9年11.29伊万里商工会議所会頭・上滝長久色絵芙蓉手紋瓶子
〃10年10.15通商産業大臣・与謝野馨色絵芙蓉紋瓶子
〃11年10.15在福岡大韓民国領事館総領事・徐 賢變菊紋瓶子
〃11年10.20佐賀神社・宮司 草場昭司色絵菖蒲紋瓶子
〃12年10.13大韓民国文化観光部・金 ハンギル色絵黄梅菊紋瓶子
〃13年10.15中国領事館・斉江色絵岩牡丹紋瓶子
〃14年5.23中国大連牡丹絵紋瓶子
〃15年10.20伊万里市塚部芳和 市長七寸高台皿
〃16年10.31佐賀城本丸古川 康 知事ひさご紋瓶子
〃17年10.17小倉城末吉興一 市長色絵鶺鴒紋瓶子
〃18年10.27熊本城潮谷義子 知事色絵牡丹紋瓶子
〃19年10.12国宝姫路城石見利勝 市長青海波色絵牡丹文瓶子
〃20年10.21島原城吉岡庭二郎 市長色絵青海波牡丹文瓶子
〃21年10.13国宝彦根城獅山向洋 市長色絵青海波宝尽文瓶子
〃21年10.24伊万里神社・宮司加志田恵久色絵橘文瓶子
〃22年10.18杵築城八坂恭介 市長色絵紗綾型石榴文瓶子
〃23年10.18国宝松本城菅谷昭 市長色絵牡丹紋瓶子
〃24年10.16平戸城黒田成彦 市長色絵桜樹文瓶子
〃25年10.11国宝犬山城田中志典 市長色鍋島桜宝尽文瓶子
〃26年10.11松原神社鍋島家 鍋島美茂様色絵杏葉牡丹唐草文様瓶子
〃27年10.14総理官邸安倍晋三総理大臣色絵鍋島文様尽し瓶子
〃28年10.11オランダ大使館アルト・ヤコビ大使間取吉祥チューリップ唐花文瓶子
〃28年11.9佐賀城本丸山口祥義 知事色鍋島外濃牡丹花散し瓶子
〃29年10.3国宝松江城松浦正敬 市長色絵青海波雪輪花文瓶子
〃30年10.10佐賀県唐津城峰達郎 市長色絵石榴文瓶子
令和元年10.9愛媛県松山城野志 克仁 市長色絵松絵椿文瓶子
〃2年10.19岡山県岡山城大森雅夫 市長色鍋島三柑文瓶子

献上の儀写真

平成19年 国宝姫路城献上

平成19年 国宝姫路城献上

平成21年 国宝彦根城献上

平成21年 国宝彦根城献上

平成23年 国宝松本城献上

平成23年 国宝松本城献上

平成25年 国宝犬山城献上

平成25年 国宝犬山城献上

平成26年 鍋島家献上

平成26年 鍋島家献上

平成27年 内閣総理大臣献上

平成27年 内閣総理大臣献上

Translate »